所長の部屋

限りあるもの

人の生命はかぎりがあるもの

もし、永遠の生命が手に入ったら‥‥

誰しもが願ったことがあるでしょう

果たして幸福でしょうか

限りあるからこそ、一所懸命になれることもあります

でもあらた生命を縮めるようなことは避けたいものです

あの時こうしておけばよかったと思っても取り返せないことも多いです

保証された生命はありません

毎日その日その日をどう生きていくかということ大事なのでしょうね

さあ、今日も自分ができること、しなければならないことを精一杯やりましょう

 

 

この記事についてのお問合せはこちら